まずはFXの仕組みを学ぶ

そもそも証拠金取引とは?

FXを日本語に訳すと、外国為替証拠金取引となります。では、証拠金取引とはなんでしょうか?
証拠金取引とは、保証金のような特性をもつ証拠金を預け入れて、それを担保に証拠金より多くの額の取引が行える仕組みのことです。FXに似たような証拠金取引には、日本では、商品先物取引があります。
証拠金取引のメリットは、預け入れた証拠金よりも多くの額の取引ができるため、少ない初期投資で大きな利益を得られることです。
もちろんデメリットは、これの全く逆で、少ない投資金にも関わらず、多大な額の損がでることです。
FXの場合、証拠金の額によって、そのリスクをコントロールできますので、初心者の方はより多くの証拠金を預け入れてから取引を始めるといいでしょう。

FXのもうひとつの魅力はスワップ金利

FX、つまり外国為替証拠金取引の最もメジャーな利益の上げ方は、安い時に買い、高くなったら売る。または、高い時に売っておき、安くなったら買い戻すという方法ではないでしょうか。つまり、通貨の売買によって利益をあげるといういわゆる投資です。これは、FXのみならず、株、商品、不動産等、売買で利益を上げる投資商品はいくつもあります。しかし、FX独特の魅力として、スワップ金利による利益があります。
これは、通貨間の金利差によって金利が発生するため、持っている通貨によっては、売買せずとも、もっているだけで金利差益が得られるというものです。
特に日本円は、超低金利時代が続いているため、世界で最もスワップ金利が得やすい通貨でもあります。